BLOG

フローリングの色あせ(板橋区)

フローリング色あせ

サッシの掃き出し部の色あせ

板橋区のお客様からのご依頼です。

20年前にワックスを掛けてから、今日までこの状態になり

掃き出し部分のフローリングの色あせを直して欲しいと言う

ご依頼でした。

色あせ以外の細かな傷を見ると、ワックス自体に傷が付いている事をお話しさせて頂き

剥がせば殆ど目立たなくなると思う事を伝え、近々ワックスを剥がしてから

掛けなおすと言う事になり、今回は色あせ部分の補修を行いました。

良くあるフローリングの黒ずみも有りましたが、結構の確率で

ワックスを剥がせば綺麗になる物が多いです。

当店では、画像を見て判断していますので

まずは、お客様でお試して頂く事をご提案する事があります。

それで綺麗になったら、余計な出費が抑えられますから。

お客様で剥がしてみて、ダメな場合はいよいよ当店の出番です。

今回は色あせがあったのでお客様の方で剥がさず、極力小さく補修箇所を剥がすだけになりました。

まずは、補修箇所を剥がしました。

剥がした後がかなり綺麗になっています。

そうなんです!

ワックスはかなり汚れてしまいますので、風合いと思いがちですが

実は汚れなんです。

定期的に剥がして、ワックスを掛けなおすことをお勧めしています。

ワックスを剥がして、色あせ部分に調合した色を合わせて塗って行きます。

割れが酷い所も補修しました。

フローリングの色あせ補修の完成です。

これだけフローリングが汚れているのが分かるかと思います。

そして、剥がしたことにより元々のフローリングの色が復活したのが分かりますね。

「こんな色だったんだ!」

と驚かれていました。

場合によっては、この汚れに合わせて色を塗装する事もありますが、

当店ではお勧めしていません。

いつかワックスを剥がした時に、この色で合わせた所だけが黒っぽく

残ってしまうからです。

ですから、基本はワックスを剥がしてからご依頼されるか

ワックスを掛けたばかりだけど気になるから直して欲しいとかの場合がお勧めです。

今回は、この後ワックスを掛けなおすと言う事なので

直したところと同じ色になり、明るいフローリングになりますし、

お部屋も明るくなります。

大変喜んで頂きました。

ご依頼有難う御座いました。