BLOG

アルミサッシ枠の穴補修(埼玉県富士見市)

アルミサッシ枠上部のネジ穴

パテ埋め

埼玉県富士見市のマンションにお住いの方からのご依頼です。

縦のエアコンを窓に取り付けていた物を外した時に残った、ネジの穴です。

引っ越しをされるとの事で、原状回復になります。

まずは、施工個所の脱脂などを行い、荒いペーパーでパテの食いつきを良くします。

パテを削るときに、パーパー傷が広がらない様に、マスキングテープをします。

その後、パテを少し盛り上げる様に塗り重ね、

乾燥後に#120、#240、#400のペーパーで削って行きます。

#120で削って行くと、マスキングの高さまで削れるので外します。

後は、#240、#400と慎重に削ります。

削り終えたら、プラサフをパテより少し広く塗布します。

塗装

プラサフを塗装した後は#800で削り、滑らか&足付けをします。

ここで肝心なのは、パで跡がうっすらと見えるようでしたら、見えなくなるまで

慎重に削る事です。

次に、似たような色のサッシ用のスプレーを塗装していくのですが、

その前に、プライマーなどの足付け剤を塗装します。

乾燥後、サッシ用スプレーをサッと1回吹き

乾燥後に、普通に塗装していきます。

今回は3度塗装しました。

コツは、薄く、薄く塗装する事です。

仕上げ材

サッシ用のスプレーで塗装後、

クリアのスプレーで仕上げるのですが、今やホームセンター等で

全艶消し、3分艶、5分艶などのスプレーが売っているところがあります。

ビバホームにはありました。

きっと大型店なら置いてあるかと思います。

サッシの艶に合わせて、合った艶の物を購入してください。

そして、サッシのスプレーで塗装したのが乾燥したら、艶のあったクリアを

塗装すれば完成です。

最後に

今回は上下のサッシ枠を補修しました。

サッシを直すのは初めは難しいと思いますが、

ある程度なら直せると思いますよ。

一般的には、ブロンズカラーが使われていると思いますので、

ホームセンター等で買われる際には参考にして下さい。

また、どうしても汚くなってしまった!

直せる自信がない!

等の場合は、お気軽にトータルリペア グランツにご依頼ください。

埼玉県、東京都を主に出張施工致しております。