BLOG

ドアのひっかき傷とクッションフロア

ワンちゃんによるひっかき傷など

ペットによるひっかき傷やガラス枠の損傷の補修です

今回は、東京都小金井市にお住いの方からのご依頼です。

引っ越しに伴う、原状回復です。

大変多いペットによるひっかき傷。

壁が一番多いですが、このドアも意外に多いんですよ。

今回はかなり難易度高めの施工でした。

ひっかき傷なら何という事は無かったのですが、よく見るとガラス枠部分が欠損していました。

損傷部分をよく観察し、どうやって直すのが良いのか、考えてから実行です。

損傷部分の厚みと幅を測り、合うサイズの板を調達して、貼り付けながら

カッターなどを使い加工しました。

3段の階段の様になっていましたが、ワンちゃんがかじってボロボロになってしまい、

パテで成形しましたが、キッチリとまではいきませんでした。

下の部分だったので、何とかなりましたが。

化粧シート貼り

依頼主様に事前に品番を教えて頂き発注。

しかし、ドア枠と合わせた所、色が若干違っていましたが、

綺麗に直っているから問題ないと思いました。

ドアにあったひっかき傷やガラス枠もすっかり綺麗に直ってます。

クッションフロアの剥がれ

かなり汚れていましたので、張替が良いとお勧め致しましたが、

補修が良いとの事で、ドアの補修後に行いました。

外はすっかり真っ暗。

パテで成形後に調色です。

今回は範囲が広かったので、エアブラシを使い広い範囲に塗装しました。

その後、石目調のクッションフロアに似せるため、色々な色を

微妙に変えながら色を付けていき完成です。

実際に見た感じでは、気が付かない物になっています。

後日、ご依頼者様からメールを頂き、無事引き渡せたと感謝のお言葉を頂きました。

ご依頼有難うございました。