BLOG

フローリング補修(中央区晴海)

フローリングのえぐれ補修を直します

今回は、引っ越しに伴う原状回復と言う事で、

中央区晴海にお住いのお客様からのご依頼です。

フローリングを見ると、厚いガラス質でコーティングされていました。

ガラス質は光沢がある分、少し傷が付いただけで光の屈折が起こり

目立ってしまいます。

この様な補修は、最後のコーティングをしっかり行う事が大切になります。

結構、ガッツリえぐれている状態です。

大きなえぐれの場合は、強度を一番に考えて行います。




簡易的なフローリングえぐれ補修方法

まず、えぐれた部分の周囲をきれいに掃除し、埃やゴミを取り除きます。

次に、えぐれた部分ハードワックスにを充填します。ハードワックスはフローリングと同じ色のものを選ぶと、補修後の仕上がりが自然になります。

その後にサンディングシーラーを塗った後、乾くまで、30分程度待ちます。

サンディングシーラーが完全に乾いたら、表面部分を平らに研磨します。周囲のフローリングと同じ仕上がりになるように、丁寧に研磨しましょう。

最後に、研磨した部分にフローリングの仕上げ剤やワックスを塗布します。これにより、補修部分が周囲のフローリングと同じ光沢や保護を受けることができます。

以上が簡易的なフローリングのえぐれ補修方法です。ただし、補修が難しい場合や大きなダメージがある場合は、専門家に相談することをおすすめします。

フローリング補修業者探すには

インターネット検索エンジンを利用する:
フローリング補修業者を検索する際には、キーワードとして
「フローリング補修業者」や「フローリング修理業者」などを使用して検索します。
検索結果から口コミや評価を確認し、信頼性の高い業者を選ぶことができます。

口コミサイトや比較サイトを利用する:
「くらしのマーケット」や「リペアアキ」などの口コミサイトや
比較サイトを活用することで、フローリング補修業者の料金や相場、
口コミなどを比較することができます。

地元の工務店やリフォーム会社に相談する:
地域密着型の工務店やリフォーム会社にフローリング補修の相談をすることもできます。
近隣にある業者は現地の状況を把握しているため、
迅速な対応が期待できる場合もあります。

リペア専門業者に依頼する:
フローリング補修に特化したリペア専門業者もあります。
これらの業者はフローリングの傷やキズの補修に長けており、
高品質な仕上がりを提供しています。

以上の方法を組み合わせて、信頼性の高いフローリング補修業者を見つけることができます。
補修が難しい場合や大きなダメージがある場合は、専門家に相談することをおすすめします。

年間300件以上の実績!

まずは、お気軽にご相談ください。

フローリングの材質

フローリングの材質は様々ですが、一般的な材質には以下のようなものがあります。

木材:天然の木材を使用したフローリングは、自然な風合いや温かみがあります。
代表的な木材としてはオーク、メープル、チェリーなどがあります。

ラミネート:合板やMDF(中密度繊維板)の上に合成樹脂の薄い層を貼り付けたものです。
木目模様や石目模様など、様々なデザインがあります。

ビニール:合成樹脂で作られたフローリングで、耐水性や耐久性があります。
木目模様やタイル模様など、多様なデザインがあります。

カーペット:繊維を織り込んだもので、柔らかく足触りが良いです。
カーペットはフローリングとは異なるタイプの床材ですが、一般的な床材の一つとして挙げられます。

これらの材質はそれぞれ特徴や利点がありますので、ご自身の好みや使用環境に合わせて選ぶことが重要です。

メンテナンスが簡単な材質はどれ?

メンテナンスが簡単なフローリングの材質は、ビニールフローリングです。
ビニールフローリングは耐水性があり、汚れやシミがつきにくい特徴があります。
また、日常的なお手入れも簡単で、掃除機やモップでの掃除が十分です。
さらに、ビニールフローリングは耐久性が高く、傷やスレにも強いため、長期間美しい状態を保つことができます。
そのため、忙しい生活を送っている方や、お手入れが苦手な方にとってはおすすめの材質です。
ただし、ビニールフローリングは高温や鋭利な物には弱いため、注意が必要です

フローリングのメンテナンス方法

毎日の掃除:フローリングの表面にたまったほこりやゴミを掃除機やモップで取り除きましょう。
掃除機を使用する場合は、ハードフロア用のアタッチメントを使うと効果的です。

濡れたものの取り扱い:フローリングは水に弱いため、水や液体がこぼれた場合はすぐに拭き取りましょう。
拭く際には、水分を含ませた柔らかい布やモップを使用し、水分をしっかりと拭き取ります。

防塵対策:フローリングの表面には傷や汚れがつきやすいため、
家具の下にフェルトパッドやラバーパッドを敷くことで、傷や跡を防ぐことができます。

定期的なメンテナンス:定期的にフローリングの表面をクリーナーで拭き掃除しましょう。
ただし、使用するクリーナーはフローリングの素材に適したものを選び、メーカーの指示に従って使用してください。

傷や汚れの処理:フローリングに傷や汚れがついた場合は、専用の修復キットや製品を使用して修復することができます。
ただし、修復前にメーカーの指示や専門家のアドバイスを確認することをおすすめします。

以上が一般的なフローリングのメンテナンス方法です。
ただし、フローリングの素材や仕上げによって適切なメンテナンス方法が異なる場合がありますので、
メーカーの指示に従って行うことをおすすめします。