BLOG

巾木補修(江東区)

巾木の剥がれや傷等を直します

江東区東雲のタワーマンションにお住いの方からのご依頼です。

巾木の角が良く剥がれてしまいますが

原因の一つとして、ペットによる物があります。

良くお聞きするのは、一歳未満の時に歯が痒くなってなのか噛むようです。

ワンちゃんも猫ちゃんも一歳を過ぎると無くなっていく様です。

賃貸であれば剥がれたまま退去となると、高額請求なんて事も。

でもどうしたら良いのか分かりませんよね。

ご自分でトライしてみるのも一つの手かも分かりません。

今回は、ご自分でも出来るかも?

と言う記事をご紹介します!

巾木を自分で直す道具

木製用修復ペン:傷を埋めるために使用される特殊な修復ペンです。
木材の色に合わせた修復ペンを選び、傷の上に塗ることで傷を目立たなくすることができます。

木材パテ:
深い傷や欠けた部分を埋めるために使用される木材パテです。
木材の色に合わせたものを選び、傷に詰めて平らにならすことで修復します。

サンドペーパー:修復した部分を滑らかに仕上げるために使用されるサンドペーパーです。
傷の周りや修復部分を軽く研磨することで、表面を均一にすることができます。

研磨剤:傷の修復後に使用される研磨剤です。
修復部分を滑らかに仕上げるために使用します。木材の種類や仕上げに合わせた研磨剤を選びます。

塗料やワックス:修復した部分を巾木の色に合わせて仕上げるために使用される塗料やワックスです。
修復部分に塗布して均一な仕上がりを目指します。

これらの道具は一般的な巾木傷の補修に使用されるものですが、傷の程度や巾木の素材によって必要な道具が異なる場合もあります。修復作業を行う前に、巾木の状態を確認し、適切な道具を選ぶことが重要です。

巾木傷の補修手順

傷の程度を確認する:
巾木の傷が浅いか深いかを確認します。
浅い傷であれば、簡単に修復できる場合もありますが、深い傷の場合は専門家に相談することをおすすめします。

傷のクリーニング:
傷の周りを清潔にし、埃や汚れを取り除きます。柔らかい布やブラシを使って優しく拭き取ります。

傷の修復:傷の深さや広がりに応じて、修復方法を選びます。
浅い傷であれば、木製用の修復ペンや木材パテを使用して傷を埋めることができます。
深い傷の場合は、適切な修復方法を選ぶことが重要です。

修復部分の仕上げ:
修復した部分が乾いたら、サンドペーパーや研磨剤を使って表面を滑らかに仕上げます。
また、巾木の色に合わせた塗料やハードワックスを使用して、修復部分を仕上げます。

保護処理:
修復が完了したら、巾木の補修箇所全体を保護するために木材用のクリアーを塗布します。
これにより、傷が再び発生しにくくなります。

ただし、巾木の傷の修復は専門的な知識や技術が必要な場合もあります。
特に深い傷や複雑な修復が必要な場合は、専門家に相談することをおすすめします。

巾木の補修いくら掛かるの?

巾木の補修にかかる費用は、修理の内容や規模によって異なります。
一般的には、巾木の一部を交換する場合や傷を補修する場合、数千円から数万円程度の費用がかかることがあります。
ただし、具体的な費用は業者や地域によっても異なるため、複数の業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

巾木補修を業者に依頼するには

インターネット検索:
巾木の補修業者を探すために、インターネットで検索エンジンを利用することができます。
キーワードとして「巾木補修業者」や「巾木修理業者」などを入力し、
地域や評価などの条件を絞り込んで検索すると、近くの業者の情報を見つけることができます。

口コミや評価サイトの利用:
巾木の補修業者の口コミや評価を参考にすることも有効です。
特に地域のコミュニティやリフォーム関連の掲示板などで、他の人の経験や評価を確認することができます。

リフォーム会社や建築業者への相談:
巾木の補修は、リフォームや建築関連の業者に依頼することもできます。
地元のリフォーム会社や建築業者に相談し、巾木の補修に対応しているかどうかを確認してみてください。

専門の木工職人への相談:
巾木の補修は木材の専門知識や技術が必要な場合もあります。
そのような場合は、専門の木工職人に相談してみることをおすすめします。
地域の木工職人や家具修理業者などに連絡し、巾木の補修に対応しているかどうかを確認してみてください。

巾木の補修業者を選ぶ際には、実績や評判、料金などを比較検討することが重要です。
複数の業者に見積もりを依頼し、サービス内容や費用を比較して最適な業者を選ぶことをおすすめします。

年間300件以上のご依頼を頂いています!
●口コミは、「トータルリペアグランツ」で検索して頂くと、各種サイトにて掲載されています。

まずは、お気軽にご相談ください。