BLOG

トイレドアの穴(東京都品川区)

ドアの穴補修とダイノックシート仕上げです

今回は、穴が丁度顔の高さにあり、塗装と木目書きでは無理だと思いましたが、

予算の関係上、目立つようだったらダイノックシートに変更すると言う事を話してから

やるだけの事はやってみました。

まずは裏に木を入れます

割れた箇所を綺麗に取り除く方法と、引っ張って接着剤で付ける方法がありますが

今回は取り除き、裏に木を入れて、取り除いた物を貼り付ける事にしました。

前後どちらでも良いですが、脱脂は必須です。

その後に、貼り付けた部分をペーパー#120で足付けをします。

パテ埋めです

ペーパー掛けと脱脂をしたのち、パテ付けに入ります

この画像は、まだ木目書きをするつもりで作業していたものですが

この後、ダイノックシートに変更になったので、広くパテを盛ってペーパーで削りました。

広くすることによって、パテの凹凸も目立ちにくくなります。

根気のいる作業ですが、このパテの面出しが最後にものを言う事になるのです。

パテは2液が痩せがなくお勧めですが、1液タイプで時間をかけて乾かせば特に問題はありません。

注意する事は、せっかちになって乾いても無いのに削る事です。

ボロボロと取れてしまい、その部分をまたパテで盛らなければならず、余計に時間が掛かってしまいます。

いよいよダイノックシート貼りです

かなり狭いところだったので、広げる事が出来ず苦労しました。

ダイノックシートは届いたら、一度芯棒から外して、巻癖を取るため裏から巻いておいてください。

シートの裏には、10センチ升が格子状に入っているので、

一度ドアに合わせてから、5センチ~10センチくらい余計に広く印を付けて

自宅の広い所で切っておいた方が良いです。

また、ドアノブなどの突起物もネジで簡単に取れると思いますので

取り外します。

今度は脱脂をしますが、やりながらゴミなども残さず綺麗にします。

これ、物凄く大切です。

そして、プライマーを塗ります。

染み込みやすい物では、染み込みが無くなるまで2~3回塗ります。

凹凸がある物への貼り付けでは、全面に塗ります。

ダイノックシートなどのシート材やツルツルした物などには、

剥がれ防止に四隅だけ塗ります。

そして、ダイノックシートを貼りますが、上の部分の裏紙を10センチくらい剥がして

折り曲げます。

それから、貼り付けスキージーや、短い棒にタオルなんかを巻いた物で

空気を抜きながら、裏紙を少しずつ剥がしていきます。

貼る付けたら今度は、角を指で挟むように少し折り曲げます。

その後、カッターで折り曲げた所を切ります。



ダイノックシートの完成です。

角をカッターで切ったら、面を出すのに少し斜めに切ります。

面を出すことによって、剝がれにくくなるからです。

一度に切っても良いですが、最初はざっくり切ってから面出しをした方が

失敗が少ないとおもいます。

もう一度スキージーで空気を確認がてら動かしながら押さえつければ完成です。

最後に

業者に依頼する場合は、腰から上はやっぱり、シート材で施工した方が綺麗ですし、時間も早く済みます。

お値段はシート代が余分に掛かりますが、原状回復には欠かせません。

原状回復ですと同じ物が前提になりますが、貼る所によっては少しぐらい違っても

気が付かない場合もあります。

壁紙も同じことが言えます。

下の方でしたら、塗装と木目を書いて仕上げても良いと思いますし、仮に腰より上でも

穴が小さければ、わざわざ高いシート貼りで施工依頼しなくても分からなくなりますので

予算や用途に合わせて依頼すると良いと思います。

室内ドアの一般的な構造は以下のようになります

ドアフレーム:ドアを取り付けるための枠組みです。
通常は木材や金属で作られており、壁に取り付けられます。

ドアパネル:ドアの表面部分で、開閉するために押したり引いたりする部分です。
ドアパネルは通常、木材や合板、MDF(中密度繊維板)などの材料で作られています。

ドアヒンジ:ドアパネルをドアフレームに取り付けるための金具です。
ドアヒンジはドアの開閉を可能にし、ドアをフレームに固定します。

ドアノブまたはドアハンドル:ドアを開閉するために使用する取っ手です。
ドアノブは回転するタイプの取っ手で、ドアハンドルは引き戸や引き戸に使用される取っ手です。

ドアロック:ドアを施錠するための機構です。
一般的なドアロックには、キーシリンダーロックや内部ボルトロックなどがあります。

ドアクローザー:ドアを自動的に閉めるための装置です。
ドアクローザーは、ドアが開いた状態で一定の力をかけると、ゆっくりと閉まるように設計されています。

これらの要素が組み合わさって、室内ドアの構造が形成されます。
室内ドアは、部屋のプライバシーを守るだけでなく、インテリアデザインの一部としても重要な役割を果たしています。

室内ドアの材質

木材:木製のドアは一般的であり、自然な風合いや温かみがあります。
さまざまな種類の木材が使用され、さまざまなデザインや仕上げが可能です。

MDF(中密度繊維板):MDFは木材の繊維を圧縮して作られた合板です。
木目や模様を再現することができ、安価で耐久性もあります。

ラミネート:ラミネートは薄いプラスチックシートで覆われた合板です。
耐久性があり、さまざまな色やデザインの選択肢があります。

スチール:スチール製のドアは耐久性があり、防火性や防音性に優れています。
一般的には商業施設や公共の場所で使用されます。

ガラス:ガラスパネルを使用したドアは、光を通し部屋を明るくする効果があります。
ガラスの種類やデザインによって、プライバシーを保護するためのフロスト加工や模様が施されることもあります。

これらの材質は、ドアの用途やデザイン、予算に応じて選択されます。
また、ドアの材質によって重さや耐久性、メンテナンスの必要性も異なることに注意してください。

室内ドアの穴をDIYで補修する方法

木製ドアの場合:小さな穴の場合は、木製の木材パテを使用して穴を埋めることができます。
パテを穴に詰め、表面を平らにならして乾かします。
必要に応じてサンドペーパーで仕上げを行い、塗装して仕上げます。
大きな穴の場合は、木製の補強板を使用することができます。
穴の周りに補強板を取り付け、接着剤などで固定します。
その後、表面を平らにならして仕上げを行い、塗装して仕上げます。

プラスチック製ドアの場合:小さな穴の場合は、プラスチック補修キットを使用することができます。
キットに含まれる修復剤を穴に注入し、乾かします。
必要に応じてサンドペーパーで仕上げを行い、塗装して仕上げます。
大きな穴の場合は、プラスチック補強板を使用することができます。
穴の周りに補強板を取り付け、ネジで固定します。その後、表面を平らにならして仕上げを行い、塗装して仕上げます。

ドアの穴を隠す方法:穴が小さく、目立たない場合は、
木製またはプラスチック補修スティックを使用して穴を埋めることができます。
スティックを穴に詰め、表面を平らにならして仕上げます。

穴が大きく、目立つ場合は、ドアの表面を塗装することで穴を隠すことができます。
塗料を選ぶ際には、ドアの素材に合ったものを選ぶようにしてください。
穴の位置や大きさにより、木目調粘着シート(通称ダイノックシート)を
貼る事でより綺麗に仕上がります。

以上の方法を試してみて、ドアの穴をDIYで補修してみてください。
ただし、修理作業を行う前に、ドアの素材や状態を確認し、適切な方法を選ぶことをおすすめします。
また、必要に応じて専門家にご依頼することもおすすめです。

業者選びで困ったら

ドアの穴補修業者は、ドアに生じた損傷を専門的に修復するプロフェッショナルです。主なサービス内容は以下の通りです。


ドアの穴やひび割れの修理
取っ手やヒンジの交換
ドアの塗装や表面処理


ドアの穴補修業者は、素早く適切な修理を提供し、長持ちする結果を目指します。また、安全面や見た目にも配慮し、お客様に安心感を提供します。


ドアの穴補修業者は、ドアに発生した損傷を修復するプロフェッショナルです。特に、穴やひび割れ、傷などの補修を行います。彼らの専門知識と技術により、ドアは見事な状態に戻ります。

穴補修業者が提供する主なサービスは、以下の通りです。


ドアの損傷部分の評価と見積もり
適切な補修方法の提案
高品質な材料を使用した実践的な補修作業
補修後のドアの機能性と耐久性の確認


適切なドアの穴補修業者を選ぶためには、実績や口コミをチェックしましょう。また、無料の見積もりを提供している業者を選ぶことで、事前に費用を把握できます。ドアの寿命を延ばし、外観を美しく保つためにも、ドアの穴補修業者に依頼することを検討してみてください。


年間300件以上の実績!
まずは、お気軽にご相談ください。