BLOG

部屋のドア穴(足立区)

部屋のドア穴修理

よくご相談を頂く殆どが、穴の開いた補修です。
今回は、上のストッパーに長年ぶつかり、割れてしまった事例ですが、現状回復や現在お住まいの扉を直したい!と依頼されます。
ホームセンター等でご購入されて、ご自分で直される方が居ますが、綺麗に直すのは簡単ではありません。
色が違ったり、パテの面が出せなかったり、シミみたいになってしまったり・・・
安く済ませたい!当たり前の事ですよね。
私の例で挙げると、買った中古車のドアに凹みがあって自分で直してみたら、全く上手く行かず、結局、中古のドアを買う羽目になりました。
直す時に買った材料代が勿体無かったし、貴重な時間を無駄にしてしまった何てことを少し思ってしまいました。
プロに任せると綺麗になりますが、値段がまちまちです。
安ければ良いという物でもなく、高ければアフターフォローなどがしっかりとあると思います。
良く考えてご依頼される事だと思います。

ドア穴の補修後

下処理からパテ埋め、面出し、塗装と色々な工程を経て仕上げていきます。
およそ、3時間位かかりました。
穴の場合は大きさにもよりますが、裏に板を取り付けて補強してから、割れた部分を張り付けてという作業になります。
当店での不具合と判断される場合は当たり前ですが、無償で補修致します。
また、ドアの色や模様を変えたい!
そんな方には、下地処理後にダイノックシートを貼り綺麗に致します。
無料見積致しますので、まずは、お気軽にお問合せください。